Return to site

天江らいむ作成ミッドレンジヴァンパイア

RAGE Vol.3出場最終候補

RAGE出場最終候補まで悩んだ理由

今回紹介するミッドレンジヴァンパイアは冥府エルフ以外に大きな不利がつかず、大会で多くいると予想された疾走ビショップや超越ウィッチ、ミッドレンジロイヤルに勝ちやすいと考えていたため直前まで悩んでいました。(結果的には使いませんでしたが・・・笑)

デッキレシピ

各カードの採用理由

蠢く死霊

pp1でどの相手に対しても起きたいカードであり、ブラッディ・メアリーの追加により中盤後半でも腐らずフィニッシュにも使えるカードとして優秀。

ブラッドウルフ

なぜブラッドウルフの枚数が2枚なのか?とを考える方もいるのではないでしょうか。以前は2コストで後半まで優秀なカードが少なかったためブラッドウルフを3枚積む構成をよく見たと思いますが、手札に自傷カードが多すぎて動けなくなること、吸血姫・ヴァンピィの追加により2コス枠に余裕ができたため採用枚数を減らしています。ブラッディ・メアリーとのシナジーも考え2枚にしています。とはいっても採用されていない他の2コストのカードよりかは優秀だと考えています。

血の取引

抜いてしまうと漆黒の契約を引けなかったときに不利な戦いを強いられてしまい、逆に多いとブラッドウルフ同様自傷カードが多くなってしまいます。

エンジェルバレッジ

特にテンポエルフを意識しました、しかしエルフだけでなくビショップやロイヤルにも打つシーンがあるので採用しました。入れ替え候補として鮮血の口付けです。

ゴブリンマウントデーモン

死の舞踏の的になりやすいことから不採用になることが多いですが、簡単にアミュレットを並べられたりするよりかはよいことと、超越ウィッチに対しての勝率が上がることから採用しています。

ディアボリックドレイン

中盤に出てくるフォロワーに対して有効、特にホーリーフレイムタイガー。その他後半の押し返しに有効だと考えました。ですが個人的に微妙なラインで他のカードと入れ替えてもよいと思います。

インプランサー

このデッキではpp7でブラディ・メアリーと血の取引や鋭利な一裂きなどを組み合わせて使うためアルカードを使用する場面がなくpp6で行動でき、なおかつスタッツも優秀なインプランサーを採用しました。主流で使われているヴァンパイアよりも序盤盤面の取り合いがしやすいので以前よりダメージを受けないためアルカードは不採用としました。

マリガン基準

  • 基本すべての相手に対して漆黒の契約をキープします。
  • 漆黒の契約がある場合1、2コストのフォロワーを探しに行きます。(ウイッチの場合蠢く死霊のみキープ)

対戦デッキ別ゲームプラン

・理想ムーブ

1,2,4コスフォロワーで漆黒の契約をはりながら序盤から盤面をとっていき6,7,8ターン付近に決着をつけることが理想です。カードパワーで後半も戦うことができます。

・冥府エルフ

冥府だとわかったら処理は相手に任せてフェイスフェイスフェイス。冥府が貯まったら勝てません。。。

・テンポエルフ

盤面を取りながら打点が出せるので有利なマッチ。そのうち相手の手札が切れます。

・ミッドレンジ、コントロールロイヤル

コントロールヴァンパイアよりかはやや苦手となっています。face or tradeができていれば問題ありません。

・超越ウィッチ

超越ウィッチに対しては2コストフォロワーは中盤以降、打点が出せるシーンでのみ使います。

理想的な動きを書くと、pp1蠢く死霊、pp2鋭利な一裂き、pp3漆黒の契約、pp4裁きの悪魔(進化)or吸血姫・ヴァンピィand眷属の召喚、pp5ゴブリンマウントデーモンorブラディ・メアリー(進化),pp6インプランサー(進化),pp7ブラディ・メアリーand鋭利な一裂き、pp8ブラディ・メアリーand漆黒の契約

・疾走ビショップ

ロイヤル同様face or tradeができることと、相手の進化権を処理に使わせることができると良いです。

・エイラビショップ

中盤では相手の回復よりもこちらのダメージが上回ることが多いので少しずつ有利が取れますが、最近では封じられし熾天使が採用されていることがあるためやや無理をして打点を出したいです。

 天江らいむ

 ヴァンパイアの他のデッキ記事はこちら

ゆひゆひ使用コントロールヴァンパイア

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly