Return to site

ゆひゆひ使用コントロールヴァンパイア

疾走ビショップぼっこぼこ

コンセプト

10/19時点でtier1である疾走ビショップのメタを目的としたデッキ。

エイラの祈祷を軸としたビショップに比べ、冥府エルフ・超越ウィッチに若干勝率が高いと判断しての使用。

レシピ・短期勝率

目的である疾走ビショップには勝率80%を超え、エイラ・セラフを含めたビショップで見ても全体で勝率70%を超えた。エイラビショップには互角、セラフビショップには不利といった印象。

想像通り冥府エルフ・超越ウィッチには不利となり、ロイヤルには大きく有利を取れた。

各カード採用理由

血の取引

自傷ダメージに加え、漆黒の契約が引けなかった場合に有効なので採用。

ディアボリックドレイン

疾走ビショップの体力4フォロワーに対してすごく有効なので採用。

ダークエンジェル・オリヴィエ

ミラー、エイラビショップの長期戦を考慮して採用。

各カード不採用理由

エンジェルバレッジ

冥府エルフに少しでも勝率をあげることより他デッキを意識して不採用。

ゴブリンマウントデーモン

死の舞踏に対してものすごく弱いため不採用。

インプランサー

高コスト疾走フォロワーに多く枠が割けず、アルカードより劣ると判断して不採用。

マリガン

  • ウィッチ以外には全力でこのデッキのキーカードである漆黒の契約を引きに行く。
  • ロイヤル相手なら漆黒の契約がなくても黙示録は1枚キープ。
  • 漆黒の契約があった場合コスト2のカードを引きに行く。引けなくても問題ない。
  • 対疾走ビショップのとき、漆黒の契約があれば裁きの悪魔をキープ。漆黒の契約がなくても裁きの悪魔を単体でキープしてもよい。
  • ウィッチのマリガンは直接ダメージを与えられるカード(ブラッドウルフ鋭利な一裂き)をキープ。吸血姫・ヴァンピィ眷属の召喚は両方ある場合のみキープ。

対戦デッキ別ゲームプラン

・冥府エルフ(冥府よりハイブリッド)

不利マッチ。ダメージを受けつつ回復しながら盤面を処理。基本的に攻め始めは7ターン目からで、ブラッディ・メアリーを使い直接ダメージを与えたり、アルカードを使用。冥府への道の発動が遅いことを祈る。

・テンポエルフ

互角~やや有利マッチ。要注意カードはエルフの少女・リザ。優先的に除去していく。盤面をとりつつ、上記と同じように基本的な攻め始めは7ターン目となる。

・ロイヤル

有利マッチ。黙示録を主として安定した除去をしていく。相手の最大打点を考えつつ自分のライフを調整する。特に王家の御旗を主軸としたフェイスロイヤルの場合は高めに維持しておく。

・超越ウィッチ

不利マッチ。ダメージを与えられるときにガンガンダメージを与えていく。ブラッドウルフが1枚しかない場合は2ターン目に使用せずに進化を用いて使用する。

・秘術ウィッチ

互角マッチ。冥府に寄せてあること考慮して盤面を整理できるときに整理しておく。疾走フォロワーを考慮しなくていいので、相手の最高打点は盤面とマジックミサイル程度で自分のライフを調整する。

・ドラゴン

相手フォロワー1体のパワーがあるので丁寧に盤面を処理していく。竜の伝令騎竜兵のコスト低下に気を付けつつ相手の最大打点を考えて自分のライフを調整。フェイスの場合、回復しつつ盤面処理してダークドラグーン・フォルテにケアする。相手ハンドが尽きやすいので戦いやすい。

・アグロネクロ

不利マッチ。復讐外からでもリーサルに持っていける、6ターン目で11点出せるケルベロスからのファントムハウルに要注意。相手ハンドは尽きやすいが瞬間打点が高いため厳しい戦いになる。

・コントロール・ミッドレンジネクロ

やや有利~有利マッチ。瞬間打点が高いファントムハウルが要注意。ケルベロスを使用されていなかったり、ミミココがすでに使用されていればそこまでケアしなくてよい。アグロ相手に比べ展開が遅いため、自傷からの回復で復讐状態になれるのでそこまで苦にならない。

・ヴァンパイア

ミラーでは進化が重要になってくるが、ダークエンジェル・オリヴィエによりそこまで意識して温存しなくてよい。リーサルが見えない段階で相手を復讐状態にいれないようにケアする。アグロ相手は処理・回復で相手のハンドが尽きやすいため有利。

・疾走ビショップ

有利マッチ。前半は無理なトレードはせず相手のダメージを気にしないで、フォロワーによるダメージは積極的に入れておく。疾走に見える封じられ熾天使もケアしての行動。ディアボリックドレインによる処理は、ホーリーフレイムタイガー天空の守護者・ガルラをとても取りやすい。6ターン目以降は相手の考えうる最高打点をケアして自分のライフを調整する。相手ハンドが尽きたところで攻め込む。

・エイラビショップ

互角マッチ。かなりの長期戦が予想され、ハンドが尽きたほうが負けになるケースがほとんど。進化によるフェイスダメージは極力しないで長期戦に備える。

総括

狙い通りランクマッチで多い疾走ビショップに多くマッチングできたうえで、高い勝率を誇れた。疾走ビショップに轢かれることが多いときは是非お試しください。

ゆひゆひ

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly