Return to site

よっぴー使用ミッドレンジロイヤル

レシピ

各カードの採用理由

クイックブレーダー

1ターン目の動きとしてよりも、4ターン目にフェンサーと、7ターン目にセージコマンダーとの組み合わせが強力なので採用しています。

オースレスナイト

ブレイジングブレス森荒らしの報い消えぬ怨恨渾身の一振りなどの除去スペルに対応でき、8ターン目のセージコマンダーと組み合わせて使用してもよいので採用しています。

ガンナーメイド・セリエ

コスト2の2/2兵士フォロワー枠として採用しています。

アドバンスブレーダー

メイドリーダーを採用していないので、ドローソースとして3枚採用しています。またツバキもサーチ対象なので5ターン目からの6ターン目の動きにも繋げることができます。

ツバキ

今の環境ならウィッチのフリーズゴーレムやエルフのクリスタリア・イヴ等、対象に取れるフォロワーが多いので2枚採用しています。

各カード不採用理由

ヴァンガード

今の環境ならヴァンガード採用しても全然良いとは思いますが、私はクイックブレーダー、セージコマンダーのシナジーが大好きなのでヴァンガードは不採用にしています。

メイドリーダー

ミッドレンジロイヤルは2ターン目の動きがめちゃくちゃ重要で、メイドリーダーは2ターン目に出すカードとしては弱いのと、アドバンスブレーダーがより強力なドローソースとして登場したことにより、手札が切れることが少なくなったため不採用としました。

アセンティックナイト

コスト3枠の中で比べたときに2/2フォロワーに有利トレードされるのが嫌なため不採用にしました。

ホワイトジェネラル

体力にバフできないのが今の環境に合ってないと思うため不採用にしました。

フロントガードジェネラル

ビショップが増えて漆黒の法典等でラストワードが発動せず、活躍する場面が減ってきたので不採用にしました。

アレキサンダー

テンポエルフ、ネクロが環境に減って活躍する場面が少なくなってきたので不採用にしました。

マリガン

・先攻の場合

マリガンでコスト2が来なければ全部チェンジします。

コスト2が2枚きた場合、コスト3がなければ2枚ともキープします。

コスト2があれば、コスト1もキープします。

・後攻の場合

コスト2は1枚だけキープします。

フローラルフェンサーはマストキープです。

コスト1は基本的にキープしません。

クラス別の戦い方

・冥府エルフ

最初の2~3ターン目は盤面処理に徹して(エンシェントエルフ警戒の為)、その後はクリスタリアプリンセス・ティアフェアリービースト等の手札に戻されたくないカードは除去して基本的にトレードはせずにフェイスに殴りに行きます。

・テンポエルフ

ひたすら処理をして相手のハンドが少なくなってきたら一気にフェイスに殴りに行きます。

・ロイヤル

ロイヤルミラーは盤面を取ったほうが勝ちなのでひたすら処理します。

・疾走ビショップ

ひたすら処理します。

・エイラビショップ

基本的にフォロワーを無視してフェイスに殴りに行きます。

・超越ウィッチ

マーリン以外は基本的に無視してフェイスに殴りに行きます。

進化が残り1つになるまでは相手に除去しにくくさせる意味でも進化でフェイスを殴っていきます。

・アグロネクロ

ひたすら処理をして相手のハンド切れを待ちます。相手のリーサル圏に入ったときは最優先で守護を出します。

・ミッドレンジネクロ

有利トレードだけして、できる限り相手から除去をさせてフェイスに殴りに行きます。

・アグロヴァンパイア

ひたすら処理をして盤面をとります。

・コントロールヴァンパイア

4ターン目は相手のヘルスを11に止め、6ターン目は13に止めることを意識して復讐状態に入れるなら相手のヘルスを削るなら7までは最低でも削れた方が良いでしょう。

総括

今の環境だったら冥府エルフとエイラビショップ以外には有利を取れるので是非使ってみてください!

よっぴー

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly